読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新ESXiサーバのベンチマーク結果 1コア、2GBメモリ、ソフトウェア3DGPU(512MB)、e1000e、SSDホストキャッシュ無し

次はSSDキャッシュを無くした新ESXi(Core i7  3930K  3.2GHz)のWC2です。WCと同じく、SSDホストキャッシュを50GBに設定していましたが、今回削除しています。また、ストレージキャッシュであるView Storage AcceleratorをOFFにしています。

エクスペリエンスインデックス

f:id:cabvm:20150201040414j:plain

SSDキャッシュをOFFにしていますが、CPUが何故か0.1下がり、プライマリハードディスクが前回の結果(6.1)より上がっています。

Super Piを実行してみます。

f:id:cabvm:20150201040533j:plain

3355万桁の実行に10分54秒。前回より35秒遅くなっていて、旧ESXiとは逆の結果になっています。

iometer。

f:id:cabvm:20150201040725j:plain

 Totalは390.81IOPS。SSDホストキャッシュ有りより16.64低下しています。

続いてCrystalDiskMark。1000MBの結果です。

f:id:cabvm:20150201041137j:plain

2000MBの結果。

f:id:cabvm:20150201041151j:plain

4000MBの結果。

f:id:cabvm:20150201041202j:plain

旧ESXiの比較より、性能差が小さいです。一部はSSD有りのほうが性能が良い馬あります。

 次はCrystalMark。バージョンは2004R3(0.9.126.452)これは急遽ベンチマーク結果に入れることになったため、3/23に計測しています。

f:id:cabvm:20150325005349j:plain

続いてiperf。バージョンは 2.0.5-3 win32。対向はVPN1からNTP1に変更。

[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec   901 MBytes   756 Mbits/sec

※1/25の結果から、3/19の結果に更新しました。

WC1のネットワークカードはe1000eです。

続いて3DMark7。

f:id:cabvm:20150201040913j:plain

スコアは2361です。SSDホストキャッシュ有りより3向上していますが、誤差の範囲と思われます。

続いてPeacekeeper。WebブラウザはIE11です。

f:id:cabvm:20150201041020j:plain

スコアは2233。前回より26低下していますが、誤差の範囲と思われます。

続いてドラクエX。Ver1.10。

f:id:cabvm:20150201041506j:plain

スコアは2018。約2倍向上しています。

最後にFF11。高解像度で3026。SSDホストキャッシュ有りより105低下しています。この点はDQXとは逆の結果が出ました。

SSD有りとSSD無しを比較してみます。

Windowsエクスペリエンスインデックス

f:id:cabvm:20150201050818p:plain

super pi

f:id:cabvm:20150201050830p:plain

CrystalDiskMark

f:id:cabvm:20150201050838p:plain

旧ESXiと同様に、SSDホストキャッシュ無しのほうが性能が上でしたが、大きな差は出ませんでした。

iometer

f:id:cabvm:20150201050848p:plain

旧ESXiと同じ傾向。

iperf

f:id:cabvm:20150322023906p:plain

iperfも旧ESXiと同じ傾向。

PCMark7

f:id:cabvm:20150201050906p:plain

Peacekeeper

f:id:cabvm:20150201050918p:plain

FFXI Benchmark

f:id:cabvm:20150201050930p:plain

FF11ベンチマークのみ、旧ESXiと逆の傾向を示しました。SSD有りのほうが性能が上です。

DQXベンチマーク

f:id:cabvm:20150201050939p:plain

結果から推測できることは、SSDホストキャッシュとView Storage Acceleratorを利用した場合、ホストOSのリソースを消費しますが、ホストの性能が上の場合、それほど大きな差にはならない、と考えることができそうです。集積率が低いESXiの場合、SSDキャッシュ、View Storage AcceleratorはOFFが良いようです。