読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新旧ESXi上のWindows8.1性能比較まとめ(SSDキャッシュ50GBあり、View Storage Acceleratorあり)

Windowsエクスペリエンスインデックス比較。あまり違いは見当たらない。

f:id:cabvm:20150125082822p:plain

CrystalDiskMark比較。SATA2とSATA3の違いと、CPUの違いが大きく出た比較。新ESXiで負けているのは4000MBの4KQD32ランダムアクセスのみ。

f:id:cabvm:20150125082752p:plain

CrystalMarkの比較。CPUとメモリで新ESXiが大きく上回っている(3/26追記)。

f:id:cabvm:20150325004654p:plain

super pi比較。

f:id:cabvm:20150201031143p:plain

iometer比較。新ESXiは1.3倍の性能向上。

f:id:cabvm:20150125083241p:plain

PCMark7。旧ESXiでは完走できず。最新のCPUを使用しないとソフトウェア3D GPUの恩恵は受けられない模様。

f:id:cabvm:20150125083435p:plain

ブラウザによるベンチマークpeacekeeper。こちらも1.3倍の性能向上。

f:id:cabvm:20150125083609p:plain

iperf。唯一旧PCのほうが勝っている。3回計測して殆ど変わらなかったので、e1000eはCPUは関係ないのかもしれない。

※1/17~18の計測から、3/15に変更しています。スピードは早くなりましたが、傾向は変わりませんでした。

 

 

f:id:cabvm:20150322022801p:plain

FFXIベンチマーク。新旧で大きな差が出ている。

f:id:cabvm:20150125084247p:plain

DQXベンチマークFFXIほど大きく差は無い。画面の広さのせいだろうか。

f:id:cabvm:20150125084305p:plain

結論としては、iometerが一番性能差を正確に表示している印象を受けた。